ピルの飲み間違えがないようにチェックが大切

低用量ピルは避妊目的以外にも、生理不順の改善や生理前症候群などの改善、といったいろいろなメリットがあります。
ピルには21日タイプと28日タイプがあるのですが、それぞれで服用の仕方が違います。
21日タイプは7日間服用しない期間をとらなければいけないのですが、28日タイプはピル以外にも偽薬を7日間服用する、という飲み方をします。

きちんと服用する時間や日にちを守るようにしておくことが大切なのですが、低用量ピルを間違えて服用してしまったときにはどうしたらいいのか、ということも知っておくといいです。
もし1シートの開始が遅れてしまったとき、生理の出血が起きてから7日以上たっており、卵巣の中で卵胞が育ち始めてしまっている可能性があります。なので、その周期での避妊効果が無くなっていると考えることができます。
服用している途中で飲み忘れてしまった場合は、気づいた時にすぐ忘れていた分と当日分を飲むようにします。24時間以内なら気がついた時点ですぐに服用すればいいのであせる必要はないです。ですが、24時間以上たってしまっている場合は、そのピルはすててしまい、次の生理の開始からまた新しいシートを服用していくようにするといいです。
飲み忘れがないように、チェックをするようにしておくことが大切です。
また、次に飲む順番を間違えてしまった場合は、現在使用しているピルがどちらのタイプか知っていることが大事です。
もし飲み忘れてしまってわからなくなった場合は、医師に相談して一度ピルの服用をやめて、もう一度はじめから低用量ピルの服用の仕方を指導してもらうようにしてもいいです。
できるだけ、どんなときも服用したかをチェックして間違えたりしないように気をつけておくことが大切です。